メンズスキンケアのおすすめの手入れ方法と注意点、おおすめ化粧品などを紹介しています。

メンズスキンケア,おすすめ

メンズスキンケアのおすすめの方法と注意点


HOME



メンズスキンケアで大切なのは「脂」対策


脂っぽい男性の肌をメンズスキンケアで解消したいものです。

男は脂っぽい、とよく言われますよね。

男性の肌を語る上で、一番に挙げられるのがこれです。

では、何故男の肌は脂っぽいのでしょうか?

これには理由があるんです。

個人差こそあれど、多くの男性の場合、肌にテカり、ベトつき、ギトつきがあります。

コスメメーカーがアンケートをとったところ、この症状は男性の肌トラブルの上位に位置されていたそうです。みなさん悩んでいるわけですね。

脂対策はメンズスキンケアのポイントと言えるでしょう。

そもそも、男性の肌が脂っぽいのは、ある程度仕方のないことなのです。

というのは、テカりの原因となる皮脂は、男性ホルモンに起因していて、女性より男性の方が分泌量は多くなっているからだと言われています。

男性ホルモンに起因している皮脂の分泌は、男女ともに思春期頃ピークを迎えます。女性でも、思春期にニキビが増えるのは、ホルモンバランスが不安定になるからだそうです。

思春期以降、女性はホルモンバランスが安定していくことで、皮脂量が低下していきますが、男性の分泌量はさほど変わりません。

さらに、私たちの肌は、加齢に伴って少しずつ保湿力を失っていきます。

男性の場合、皮脂量が変わらないため、水分と皮脂とのバランスが次第に崩れていき、結果、脂っぽい肌になってしまうんですね。

中年男性が脂ぎってみえるのは、こういった働きのためなのです。

過剰な皮脂を取り除くことは、メンズスキンケアにとって非常に重要となります。具体的には、正しい方法での洗顔や、日中のあぶら取りによる、こまめなケアです。


メンズスキンケアで大切なのは「乾燥」対策


男性の肌にとって、脂対策と同様に重要なのは乾燥対策です。

一般的に男性の肌は、毛穴が開きがちなこともあって、女性と比べて水分量が少ないのが特徴です。

更に加齢によって、肌(正確にいうと角質層)の保湿力が弱まっていってしまいます。

水分の蒸発を抑えることは、皮脂の役割の1つですが、皮脂が過剰だと悪影響が起こることは前述のとおりです。

乾燥するとどんなことが起こるかは、普段の生活の中でも簡単に実験(実感)できます。

たとえば、風呂上りの際に、洗面所の鏡に向かって「ニッ」と笑ってみましょう。ポイントは出来るだけ思いっ切り笑ってみることです。

そして、日中に会社のトイレなどで、同じように笑ってみましょう。

注意してみてみると、シワの数が多かったり、または深くなっていたりしていることが分かるはずです。特に目尻あたりに違いが現れます。

このことからも分かるように、肌は乾燥によって弾力性を失ってしまい、小ジワなどを発生させます。目元付近などは皮膚が薄いので、その差が顕著に表れるのです。

そういった際のメンズスキンケア法ですが、

化粧水などで適切に補水を行って、乳液やクリームなどを使って潤いをキープさせてあげるケアが必要となります。

普段から、肌の乾燥が気になるという方は特にご注意ください。


メンズスキンケアで大切なのは「シェービング」対策


シェービングは男性にとって日課のようなものだと思います。

「肌を取り巻く環境」というより「習慣」と言った方がいいかもしれません。

この場合、電気シェーバーはともかく、カミソリでヒゲを剃る「ウェットシェービング」だと、毎日刃を顔に当てているので、ダメージがないはずがありません。

電気カミソリ(シェーバー)では剃り残しが気になるので剃刀を使う方も、また電気カミソリ派だけれどもやはり肌荒れが気になる方もいらっしゃるでしょう。

シェービングした後、ザラついていたり、あるいは白く粉を吹いているようになっていたら、肌表面の角質が傷んでいるという証拠です。

傷んだ角質は、水分量が少なくなりがちで更に傷みやすいです。

そしてその後のターンオーバー(肌の新陳代謝、生まれ変わりを指す)が間に合わずに、生成不完全状態のままで、再度シェービングで角質が削られる、といった悪循環に陥ってしまいます。

剥がれ落ちた角質が毛穴を詰まらせてしまう場合もあるので、肌を傷めないシェービングを心掛ける必要があります。

そして肌荒れ自体が、カミソリの刃の滑りを妨害している可能性もあります。

このジャンルでは、非常に多くの男性用製品が発売されています。

なので、なにか1つくらいは試されたことがあるのではないかと思います。

基本的に、プリシェイブ剤で髭を柔らかくしたり、または刃の滑りを良くした上で、アフターシェービング剤を使って炎症を抑えたり、毛穴の引き締めなどのメンズスキンケアが基本になります。

化粧水・美容液・乳液・クリームもコレ1本!
オトコの為の保湿ジェル「ZIGEN」



乾燥肌に悩む男性達


メンズもスキンケアにおいて乾燥肌に悩む方が、相当多くなってきたようです。

「これが良い」とアドバイスを受けたり、雑誌に書かれていたりすることを実践しても、まるで成果は出てこず、スキンケアを行なうことが心配で仕方がないと告白する方もいるとの報告もあります。

そもそも、乾燥が肌荒れを引き起こすということは、皆さん心得ていると思います。乾燥すると、肌にあるはずの水分が足りなくなり、皮脂の分泌も抑えらてしまうので、肌荒れに結び付いてしまうからです。

メンズもしわが気になる


手でしわを垂直に引っ張っていただき、その結果しわが消えてなくなったと言う場合は、俗にいう「小じわ」だと考えられます。その場合は、念入りに保湿を行なうようにしてください。

肌にとって重要な皮脂とか、肌の水分を貯めておく役目を果たす角質層内のNMFや細胞間脂質まで、洗い流してしまうような、「過度の洗顔(=洗いすぎ)」をする人が、想像以上に多いらしいのです。


化粧水・美容液・乳液・クリームもコレ1本!
オトコの為の保湿ジェル「ZIGEN」


効果のことを考えずにスキンケアをしているようでしたら、持っている化粧品だけではなくて、スキンケアのやり方そのものもチェックすることが大切です。

敏感肌は対外的な刺激に非常に弱いものです。

結局、肌荒れも、しわも水分不足が原因?


皮膚の上層部を構成する角質層に保留されている水分が十分でなくなると、それはそのまま肌荒れに結び付いてしまいます。油分が含まれた皮脂も、減ってしまえば、それが原因で肌荒れになる可能性があります。

ボディソープだろうとシャンプーだろうと、洗浄成分にパワーがあり過ぎると、汚れだけではなく、肌を防護する皮脂などが洗い流されてしまい、刺激をまともに受ける肌へと変わってしまいます。

メイク商品の油分とか空気中の汚れや皮脂が取り除かれないままの状態では、肌トラブルが起きたとしても仕方がありません。それらを、できるだけ早く取り除くことが、スキンケアの原則です。

しかし洗い過ぎてしまって、必要な油分や水分がなくなってしまっては、これも問題です。


しわの状態をチェックしよう

表皮を広げていただき、「しわの症状」をよくご覧ください。それほど重度ではない、最上部の皮膚だけにできたしわとであれば、常日頃から保湿さえすれば、改善すると言われています。

しわを減少させるスキンケアについては、中心的な役割を果たすのは基礎化粧品です。

しわに効く手入れに必須なのは、やはり「保湿」プラス「安全性」でしょう。

日常の全てのストレスは、血行やホルモンの秩序を乱し、肌荒れを生じさせることになります。肌荒れを回避するためにも、できるだけストレスを受けない生活を送りしたいものです。
ここ数年、年齢を重ねるにつれて、乾燥肌がひどくなるという方が増えているそうです。

乾燥肌では、それが原因で、ニキビや痒みなどにも悩まれることになります。化粧もうまくできず、見た目も不健康な感じになることは確実です。

化粧品との相性もチェックしよう

いつも自分自身が付けている乳液または化粧水を筆頭とするスキンケアグッズは、皮膚の質に合致したものでしょうか?脂性なのか敏感肌なのかなどといった自分の肌のタイプを把握することも重要です。


身体の中からスキンケアしよう


味噌を始めとする発酵食品を摂ると、腸内に生息する微生物のバランスが望ましい形で維持されます。腸内に潜む細菌のバランスが狂ってしまうと、そのことだけでも、美肌になるのは無理だと言えます。スキンケアにおいて、これも見過ごしてはならない点です。

普段の生活習慣、食生活、食事の内容、睡眠などが肌の状態に影響を及ぼします。


たとえばニキビの場合

にきびケアのためには、食生活を正していくことも大事です。

では、にきびにつながってしまうような食生活とは、どういうものでしょうか。

味噌を始めとする発酵食品を摂ると、腸内に生息する微生物のバランスが望ましい形で維持されます。腸内に潜む細菌のバランスが狂ってしまうと、そのことだけでも、美肌になるのは無理だと言えます。スキンケアにおいて、これも見過ごしてはならない点です。

普段の生活習慣、食生活、食事の内容、睡眠などが肌の状態に影響を及ぼします。

にきびを作りやすい食べ物、つまり、にきびの元となる皮脂を分泌しやすい食品の摂取を意識して控えることで「にきびケア」ができます。

にきびケアを食生活から考えるには、にきびの原因となるような食べ物を控えたほうが良いのですが、一方で体調管理のためには、体に必要な栄養素はきちんと摂って、健康な体を維持していかなければならないのです。

特別なことではなく、バランスのとれた食事をするように努め、食べ過ぎたりすることもないようにすれば、それだけでもにきびケアにはなるのです。

肉類の動物性脂肪や、てんぷら、フライなど油をたっぷり使った食事は、血中の中性脂肪が増え、皮脂の分泌を活発にします。にきび予防を考えるならば、やはりお肉よりも魚類を食べるのがおすすめです。

こういったことは、男性は意識することが少ないのですが、ごはんや麺類、パンといった炭水化物は、消化されることで糖分に分解され、それが油分へと変わって皮脂が作られることになります。

これまで何気なく主食としてたくさん食べてきたかもしれませんが、炭水化物は、にきびのためには食べすぎは控えなければなりません。

甘いものも同様に消化されて油分へと変化するため、皮脂を多く蓄えることにならないように、摂り方には気をつけましょう。

アルコールも大人のにきびの大きな原因です。にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、さらに皮脂の代謝に働きかけるビタミンB群を消費してしまいます。

飲みすぎは内蔵に負担をかけるばかりでなく、生活習慣も乱れてストレスを生み、肌にも悪い影響ばかりです。




Copyright (c) 2014 メンズスキンケアのおすすめの方法と注意点 All rights reserved.

▲TOP